So-net無料ブログ作成

ワクチン [姫日記]

先週の金曜日(19日)のお話です。

この日は年に一度のワクチン接種に行って来ました[車(RV)]

相変わらず病院嫌いな姫は車を降りた途端、必死に抵抗していました[ダッシュ(走り出すさま)]

PICT0125.JPG

***リードに手を掛け抵抗してます***

診察台に上がると恐怖のあまり、少しチビってしまいました[ふらふら]

プルプル震えているうちに注射はあっさり終了し

凹んでいる姫を連れて家に帰りました[家]

家に帰ると落ち着いたのか、しばらくおもちゃで遊び

ご飯もいつも通り完食し、食後は寝ていました[眠い(睡眠)]

しかしワクチン接種後7時間余り経った深夜に、ふと姫を見ると・・・

右側の目の周り&右側のマズル周辺がかなり腫れていました[がく~(落胆した顔)]

PICT0020.JPG

***ものすごく腫れてます***

PICT0004.JPG

***腫れるほんの1時間前です***

慌てて病院に電話して、状況を説明した所

先生は「部分的な腫れなので、しばらく様子を見てください。

もし吐いたり下痢をした場合や顔全体が腫れたら再度連絡を」との事。

その日は姫から目を離さないようにpenママと交代しながら様子を見ていました[目]

それから2時間後・・・

「おっ[るんるん]腫れが少し引いてきたんじゃない?」

二人で話していたら・・・今度は左側が腫れてました[がく~(落胆した顔)]

しかし、ひと眠りした姫は顔が腫れているにも関わらず

おもちゃで遊ぼうと誘って来るではありませんか[あせあせ(飛び散る汗)]

「姫[exclamation]安静にしないと・・・」と言っても通じるハズもなく、

いつも通りに遊んでいました[たらーっ(汗)]

まぁ、元気はあって良かったと解釈するべきかな?と思い自由に遊ばせておきました。

翌日、顔の腫れがだいぶん引いていたのを見て一安心[揺れるハート]

でも、もちろん病院には連れて行きました。すると先生からショックな説明が・・・

「アレルギーが出始めたのかもしれません。

それでワクチンに含まれる大量のたんぱく質に

拒否反応を示し、顔が腫れたと思います。

来年の狂犬病予防注射やワクチン注射を打つ前に

アレルギーを抑制する薬を投与した上で

今年打ったメーカーとは違うメーカーのワクチンを打ちましょう。

たぶん来年はこれで拒否反応は出ないと思いますが

問題は再来年の注射です。

再来年の注射でまた拒否反応が出た場合は

ワクチン自体を打つのを考えなければいけないでしょう。

もちろんそうなった場合は他犬との接触・散歩も危なくなるでしょうね・・・」

との事でした[がく~(落胆した顔)]

初めてのワクチンは体が受け入れるのですが、次の年までに体質変化があった場合

同じワクチンを体が拒否をするのだとか[ふらふら]

 

姫がまだ1歳にもなっていない時に

「アレルギーって小さい時から分かるものなのでしょうか?」

と先生に質問した事ありました。

先生は「もちろんアレルギーが出やすい犬種は小さい時から出るコもいますが、

パピヨンは比較的、アレルギーの出にくい犬種です。

しかし、出るコは2・3歳頃に出始めるかもしれないですね」

との回答を頂いていました。

姫はまさに2歳・・・そう言えば予兆はあったのです[もうやだ~(悲しい顔)]

2ヶ月前くらいに軽い外耳炎になり毎週2回の洗浄をしていました。

これは先月の時点で完璧に治っていましたが・・・

この時に先生から「軽くアレルギーが出て来たかもしれませんね」とは言われていました[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、どの食べ物にアレルギー反応を示すのかは今の所、解からないのです。

検査は多額の費用も掛かるし、今の段階ではしても意味がないそうです・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

とりあえず、食事やおやつに気を付けて行こうと思います[レストラン]

特に市販のおやつは成分などをしっかり見据えた上で少量に抑えて

フードもアレルギー対応の物に徐々に変えて行こうと思っています。

出来る事から少しずつ、姫の為に頑張っていきたいです。[手(チョキ)]


nice!(1)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。